歯列矯正の主流インビザライン

インビザラインはアメリカで開発された「見えない痛くない装置」をオーダメイドすることができる歯科矯正です。
透明のマウスピース型による歯科矯正装置で、1997年頃にアメリカで始まってから世界中に治療実績があります。
中にはハリウッドのセレブも施術を受けていると言われています。
軽度の歯列矯正が必要な場合はこの施術が行われることが多いとされています。
症例によっては比較的リーズナブルな価格で治療を受けることができ非常に衛生的です。

具体的にどれくらいの費用?

アメリカでは虫歯1本につき治療費は20万円と言われていて、歯科治療が非常に高額なことで知られています。
多くの人が歯の保険に加入していて治療費を抑えているのですが、保険に加入していてもインビザラインの費用は50万円~100万円ぐらいになるでしょう。
日本でインビザラインの治療を受ける場合、一般的にアメリカにある会社に対象者の歯のデータを送りマウスピースの製作や発送などを依頼します。
健康保険外になるので費用は自己負担になりますが、アメリカで治療するのと変わらない価格でマウスピースを製作することが可能です。
インビザラインの治療費は医療費控除の対象になるので、他の医療機関における医療費と一緒に確定申告すると、所得税額を軽減することができコストを抑えることができます。

費用は部分矯正~フル矯正になっていて軽度から難しいものまで幅広く対応することが可能です。
例えば難易度の高いフル矯正の場合は100万円ぐらいで、標準的なフル矯正の場合は80万円になります。
軽度の症例の場合は50万円ぐらいで、部分矯正の場合は30万円でしょう。
治療方法やクリニックによっては追加料金が発生したり、予想外の金額になります。

インビザラインのメリット

インビザラインにはいくつかメリットがあり、例えば透明なので審美性が高く目立たないことがあげられます。
マウスピースタイプなので矯正をしていることが周囲の人には気付かれません。
インビザラインは滑らかで薄い素材で、オーダーメイドで製作されるのでフィット感があります。
固定タイプの矯正装置の場合は取り外しが難しいことがありますが、インビザラインの場合簡単に取り外すことが可能です。
外した状態で歯磨きや食事などをすることができるので、非常に衛生的と言えるでしょう。
他の矯正装置の場合は毎月歯型を取ってマウスピースを新しく製作しなければいけませんが、インビザラインはコンピュータを使って治療後までの型を製作するので1ヵ月半~3ヵ月毎の通院で済むでしょう。
素材は柔らかくプラスティックになっているので、金属アレルギーの人も安心・安全に利用することができ発声するのも邪魔になりません。

ワイヤーとの比較

ワイヤー矯正にはいくつかメリットがあり、例えば手間がかからないことがあげられます。
ワイヤー矯正は矯正装置を1度つけると自分ではとることができず、歯科医師に任せっきりになります。
ゴムかけがスタートすると自分でゴムをかけることになりますが、インビザラインなどのマウスピース矯正のような取り外しや歯磨き・アライナー洗浄などの手間は不要です。

ワイヤー矯正にもデメリットがあり、特に矯正装置の見た目がかなり目立つことがあげられます。
最近では審美ブラケットなどが登場していて、ワイヤーやブラケットが目立ちにくいものをつけている人もいるでしょう。
ワイヤーは痛みを伴うことがありワイヤーの調整日には締め付けられるような痛みがあり、口腔内にあたって口内炎になることもあります。
発声する際にも痛みが出るので辛い思いをする人も中にはいます。
ワイヤー矯正中は食事してはいけないものがいくつかあり、例えばカレーやガム、キャラメルやおもちなどです。
カレーなどどうしても食べたいものがあるなら、月に一回調整の前日に食べる方法もあるでしょう。
ワイヤー矯正はブラケットを装着してからワイヤーをつけるのに小さなゴムを使用します。
歯に1つずつゴムをつけ、目立たないような透明のゴムもあります。

インビザラインを利用すると、ワイヤー治療のような不自由な思いを軽減することが可能です。
最もメリットがあるのは歯列矯正において審美性が高く目立ちにくいことがあげられます。
歯列矯正中なのに周囲の人にばれることはなく、アタッチメントやゴムかけなども不要で透明なマウスピースだけをつけるので目立ちません。
ワイヤー矯正の場合は月に1回調整する際ワイヤーのねじを締めつけるので痛みを伴いますが、インビザラインはそのような痛みは発生しません。
インビザラインの場合新しいアライナーに変更した際は歯が締め付けられるような痛みがややありますが、矯正治療の痛みを比較するとインビザラインの痛みの方が少ないでしょう。
傷や口内炎などができないので、口腔内の状態を快適に維持することが可能です。
インビザラインはマウスピースを好きな時に外すことができるので、食事を自由にとることができたり歯磨きもしやすいので衛生的な状態になります。
ワイヤー矯正の場合は装置を自分で外すことはできませんが、インビザラインの場合はどうしても外したいという日がある際に簡単に取り外すことが可能です。